【投てき】円盤投げ高校男子が川見店主に核心を突くインタビューをした。



高校1年生のマサキくんは、陸上部で円盤投げをやってます。
今年の4月にはじめてのご来店。
3足のシューズをフィッティングしました。
まずはその時の模様をご紹介。

トレーニング用シューズと短距離スパイクシューズに装着したオーダーメイド・インソールは最上級インソールのゼロアムフィットでどん!


円盤投げのスローイングシューズに装着したオーダーメイド・インソールも最上級インソールのゼロアムフィットでどん!

*****

んで、4か月後の本日、マサキくんがふたたびのご来店です。

――マサキくん、こんにちは。あれから調子はどうですか?

マサキくん:円盤投げで自己ベスト記録の26m88cmを投げれました」

――素晴らしいですね!おめでとうございます。

マサキくん:「ありがとうございます」

――シューズとインソールはどうでしたか?

マサキくん:「すごくいいです。ピッタリです。フィットしてます」

――それはなによりです。

マサキくん:「チームのみんなにもこのお店のことやインソールのことを教えてるんですけど」

――うれしいことをおっしゃいます。

マサキくん:「でも、みんなに何て言っていいのか、うまく説明できなくて……」

――確かに当店のことは伝えにくいかもしれません。

マサキくん:「それで、お願いがありまして」

――はい、なんなりとどうぞ。

マサキくん:「夏休みの社会科の宿題があるのですけど」

――ほー、宿題が。

マサキくん:「働いている人にインタビューをしなければならないのですが、おばちゃんにお話をうかがいたいのです

川見店主:「ええっ!私に!?」




つーわけで、川見店主が高校生にインタビューを受けました。



マサキくん:質問を5つ考えてきました」

1、なぜこの店をはじめたのか?
2、なぜインソールを作るようになったのか?
3、この店でつくるオーダーメイドインソールと既製のインソールのちがいとは?
4、川見店主にとって陸上競技とは?
5、今後の目標は?

川見店主:「うわー、たいへんだー(笑)」

マサキくん:「よろしくお願いします」

この時、たまたまシューズのフィッティングに居合わせたマエダくん(社会人ランナー、高校時代によく店に来てた)もなぜかインタビューに参加。

マエダくん:「彼は着眼点がいいですね。こんな店は他にないですからね」

川見店主:「そうかな?」

マエダくん:「だって、欲しいクツを売ってもらえない店だから(笑)」

川見店主:「まぁ、そういうこともあるかなぁ(←否定しない)」

みんなでワイワイ言ってたら、話は様々な方向へ広がっていきました。
マサキくんは真剣に話を聞き、なにやら手元でメモを書いておりました。

川見店主:「この宿題はできあがったら見せてくれるの?」

マサキくん:「それはちょっと無理です(笑)」

川見店主:「こんな話で大丈夫?まとめられる?」

マサキくん:「大丈夫です。ありがとうございます」

川見店主:「ちゃんと質問にこたえてるかな?」

マサキくん:「はい、いけます」

川見店主:「もう聞いておきたいことはない?」

マサキくん:「わからないことがでてきたら、インターネットでお店のホームページを調べます


今どきの子!


つーわけで、インタビューはこれにて終了。

マサキくんの言う通り、当店ホームページの「川見店主ロングインタビュー」も興味ある人はちぇけら!(ちょっと内容は旧いけど)

*****

【関連サイト】

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント