【マラソン】フルマラソンを3時間7分で走る女性ランナーは千葉県からやってくる。

お母さんは朝から走っている

今から30年近くも前の話。
ある大学の学生たちがよく来店していた。
気のいい青年たちだった。
彼らは川見店主によく言った。

「よかったら練習を見に来てくださいよ」

その大学は、川見店主の自宅近くにあった。
大学の敷地内には土の400mトラックもある。
川見店主は顔を出してみることにした。

そこである女子学生と男子学生に出会う。

女子学生は400mの選手だった。
彼女が走る姿を見て、川見店主はキレイなランニングフォームだと思った。

男子学生はやり投げの選手だった。
しかし、練習の合間には、その筋肉隆々のカラダで走り高跳びなんかも軽々とやってのけて、チームメイトを喜ばせていた。
彼の器用さが川見店主には印象に残った。

その後、彼女と彼は結婚する。
子供は3人生まれた。

お母さんとなった彼女は、育児が落ち着いた頃にふたたび走りはじめた。
フルマラソンにも挑戦。
タイムは走るたびに更新された。
自己ベスト記録は3時間07分。
毎年1月開催の大阪国際女子マラソンがシーズンの勝負レースになった。
こんな笑い話。
日曜日の朝、子供たちが目覚める頃にはお母さんの姿は家にない。
彼女はすでに走りに行っている。
子供たちにとっては、それが普通の「日曜の朝」になっていた。
だから彼らは思っていた。
どこの家のお母さんも「日曜の朝」は早くから走っているものだと。
大きくなって学校の友達にこんな風に言われるまで気づかなかった。

「そんなことをしてるのはお前んちのお母さんぐらいだ」

お父さんとなった彼も、最近になってマスターズでふたたびやりを投げはじめた。
県の陸上競技大会なんかでは高校生に混じって試合に出場、ビッグスローを見せて周囲の度胆を抜いている。
高校生たちはあっけにとられて言う。

「おい、あのすごいおっちゃんは何者なんだ?」

今、子供たちは理解している。
フルマラソンを3時間ほどで走るお母さんや、やりを投げるお父さんは、そうそういない。
そんな両親を持つのは、やはり周囲では「自分ち」ぐらいのようだ。
そして、それはどうやら誇らしいことでもある。

*****

本日のお客様は、千葉県からお越しのHさんご夫妻です。
りょーいちさん、ヨシエさん、こんにちは。

おふたり:「こんにちは」

川見店主:「今回の帰省もお車ですか?」

りょーいちさん:「そうです。もっぱらボクの役目は運転手です(笑)」

川見店主:「いいダンナさん(笑)。もう子供さんたちは大きくなったよね」

ヨシエさん:「一番上は社会人になりました」

川見店主:「そうなんだ。はやいねぇ」

りょーいちさん:「社会人になった今も、陸上競技をつづけてるんですよ」

川見店主:「さすが、おふたりのお子さんですね(笑)」




ふたたびの大阪国際女子マラソンへ

本日はヨシエさんのランニングシューズをフィッティングします。
昨シーズン(2016-2017)のヨシエさんのフルマラソン戦績はこんな感じでした。

・2016/11 大田原 3時間23分
・2017/01 勝田  3時間34分
・2017/03 古河  3時間23分

ヨシエさん:「あまりよくなかったですねぇ。レースの後半に足がつったりして、思うようなタイムがでませんでした」

――とはいえ、3時間30分も切っておられます。

ヨシエさん:「いえいえ、ぜんぜんダメです」

――全日本マラソンランキングでは、今年も年齢別で30位以内に入っておられます。すっごい!

ヨシエさん:「あ、そうですか。ランキングは気にしないので……」

――さすが、毎年上位におられる方は余裕のご発言です。

ヨシエさん:「そんなことないですよ(笑)」

――昨シーズンは、どれくらいのタイムを設定して走られたのですか?

ヨシエさん:3時間10分ですね」

――おおお、それは、つまり……

ヨシエさん:大阪国際女子マラソンの参加資格です」

――ヨシエさんは、2011年~2016年まで毎年大阪国際女子マラソンに出場。我々は毎年ヨシエさんを店の前で応援しました。
各年の記録は次のとおり。はっや!!

・2011 3時間09分
・2012 3時間07分
・2013 3時間08分
・2014 3時間08分
・2015 3時間14分
・2016 3時間16分 
オリンピアサンワーズ前の道路「玉造筋」は大阪国際女子マラソンのコース。往路・復路で2回応援できます。写真は2016年大会で走るヨシエさんの勇姿。

ヨシエさん:「いつも応援ありがとうございます。次のシーズンで3時間10分を切って、もう一度大阪国際女子マラソンを走りたいです」

つーわけで、ヨシエさんがふたたび大阪国際女子マラソンを目指すランニングシューズたちに今日のアムフィット!

まずは5月にフィッティングした2足をご紹介。走りこみ用とスピードトレーニング用のランニングシューズに装着したオーダーメイド・インソールは、いずれも最上級インソールのゼロアムフィットでどん!この2足は千葉県にお送りしました。

ヨシエさん:「5月に送ってもらったシューズとインソール、バッチリでした。すごくよかったです!」


そして今回、スピードトレーニング用とレース用のランニングシューズに装着したオーダーメイド・インソールは、いずれも最上級インソールのゼロアムフィットでどん!


待ち遠しいお母さんのお弁当

さて。

「平日の朝」のヨシエさんは、午前4時半に起きて走り、家族が起きる頃には家に戻ってみんなのお弁当をつくるそうです。

川見店主:「えらいなぁ。毎朝、何人分のお弁当をつくるの?」

ヨシエさん:「ダンナと下の子2人と、3人分のお弁当です」

川見店主:「あれ?自分のお弁当は?」

ヨシエさん:「おにぎりをもっていくぐらいです。仕事のお昼休みには走りにいくので、あまり食べる時間もなくて(苦笑)」

川見店主:「お昼休みも走ってるんだ!」

ヨシエさん:「ついつい」

川見店主:「でも、昼食はもっとしっかり摂ったほうがいいですよ」

ヨシエさん:「はい、気をつけます(苦笑)」

この日は、三女で高校生の○○ちゃんも一緒にご来店されてました。

川見店主:「私が高校生の時って、いつもはらぺこだった。お弁当が私のすべてって感じ(笑)。○○ちゃんはどう?」

○○ちゃん:「はい、お昼休みが待ち遠しいです(笑)」

川見店主:「お母さんのお弁当はおいしい?」

○○ちゃん:「はい、おいしいです。大好きです」

ヨシエさん:え!そんな風に思ってくれてたの!?(ウレシイ)」

川見店主:「お弁当がおいしいって幸せなことだね」

お母さんは朝早く起きて走り、どれだけ疲れていてもみんなのためにお弁当をつくる。
お父さんとお子さんたちは、そんなお母さんをいつも応援したくなる。
家族を支え、家族に支えられ、今年もヨシエさんは42.195kmを走ります。

ますますのご健闘をお祈りいたしまーーす!
ご家族が用意してくれた2016年大阪国際女子マラソン用スペシャルドリンク。
「血も汗も一滴残らず出し切れ!」と励ましのメモつき。


旧ブログのヨシエさん記事もちぇけら↓
・2012/08 ヨシエさんはスキあらば走る話
・2013/01 サブスリー狙って突っ込んだ話
・2013/09 ダンナさんもすごいって話
・2014/08 ヨシエさんは実は忘れっぽい話
・2015/01 ヨシエさんはでこでも寝れる話
・2015/08 日曜の朝にお母さんはいない話
・2016/01 背中を押すスペシャルドリンク


*****

【関連サイト】
次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント