第50回全日本大学駅伝、第7区17.6kmでR太郎くんが気迫の力走を見せてくれました!

昨日11月4日(日)に開催された第50回全日本大学駅伝大会(秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会)
全8区間、走行距離106.8km、27チーム(25大学+選抜2チーム)216名の若人たちが、秋の伊勢路を襷でつなぎました。

我らがR太郎くんは、第7区17.6kmに出走。
繰り上げスタートになったR太郎くん↓
R太郎くん(選手の左から3人目)出走のテレビ中継を撮った1枚

「繰り上げスタート」とは?
大会HPより↓
各中継点で先頭走者から10分遅れたチームは、前走者到着前に次走者が出発する繰り上げスタートとなります。
ただし、第5・第6・第7中継点は15分が基準となります。
繰り上げの場合、主催者が準備した白色のタスキを用います。
残念ながら、彼のチームの襷はつながらなかった。

しかーーーっし!

真っ先に先頭へ飛び出した、このR太郎くんの眼差しを見よ!このみなぎる気迫よ!
この眼差し!この気迫を見よ!

この後、R太郎くんは17.6kmを55分56秒の区間17位で力走し、チームの順位を4つも押し上げました

この大会への出場は、関西からはわずか3大学のみ。
以前、R太郎くんは、こんな風に言っていました。

自分の力なんて、まだまだ全日本レベルでは通用しないです。関東は関西のチームを敵とも思ってないでしょうね。勝算があるとすれば、自分たちの100%の走りをすることだけです。

自分の区間を走り切り責任を全うしたR太郎くん。
レース後は、「本当にいい顔をしていました」と、彼のお母様からもご連絡いただきまいした。
大きな困難を乗り越えて、この舞台を走り切ったR太郎くんと、彼のチームの健闘を最大限に讃えたいと思います!

チームのTwitterより↓


でも戦いはまだ終わらないぜ!
R太郎くんの次の舞台、丹後大学駅伝(第80回関西大学駅伝大会)は、2018年11月17日(土)AM7時45分スタート!
今年最後のR太郎くん伝説を見逃すな!

前回の「R太郎くん伝説」を読む↓
次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント