【ハリマヤ】金栗四三ミュージアムに展示された「カナグリシューズ」の謎に迫る!


「カナグリベガ」の「謎」

みなさん、こんにちは。

先日のブログ(9/7)でご紹介したとおり、ただ今、熊本県和水町(なごみまち)の「日本マラソンの父・金栗四三ミュージアム」では、オリンピアサンワーズから出張してる秘蔵の「ハリマヤシューズ」とハリマヤの資料が特別展示されています(2020年1月13日まで公開)。

ハリマヤって何?の人はこれを読んでね↓
伝説のシューズメーカーHARIMAYAの物語

そこで、ミュージアムの館長であるKさんが、その模様を撮影し、画像を送ってくださいました。
金栗四三さんの生まれ故郷に帰った、このハリマヤシューズたちの佇(たたず)まいをご覧あれ!
  
6足のハリマヤシューズとシューズバッグとカタログが展示されている
(撮影・K館長)

シブいーねっ!

展示された6足のシューズをご紹介しますと、

カナグリベガ(マラソンシューズ)
ホノルルアトランテ(ランニングシューズ)
ハリマンスーパーストーム(短距離スパイクシューズ)
ハリマンプリズム(短距離スパイクシューズ)
ハリマンサンダー(短距離スパイクシューズ)
・オリンピアサンワーズ特製の白スニーカー

ハリマヤは、マラソンシューズだけには、必ず商品名に金栗四三さんのお名前を冠しました。
カナグリ〇〇〇」っていう風に。

で、今回ミュージアムに展示されてるマラソンシューズ「カナグリベガ」がこちら↓
ハリマヤのマラソンシューズ「カナグリベガ」
(オリンピアサンワーズ店内で撮影)

このカナグリベガは、1985年頃に発売されました。
真っ白のアッパーに真っ赤な補強、それに、ゴールドの3本線のハリマヤラインが映えてます。
シューズにゴールドのラインって、今では珍しくもなんともないですが、当時は画期的だったそうですよ。
このシューズをはじめて見た時、オリンピアサンワーズの創業者・故上田喜代子は、

「なんやこれ、のし袋かいな!

とぼやいたそうです(笑)。
たしかに、そんな色合いですけども!
創業者・上田のおばちゃん(1924-1986)


で、そのカナグリベガ、この部分にご注目いただきたいのですが↓
カナグリベガのベロ部

ベロ部に、なーんか、おにぎりみたいな不思議なマークが刺しゅうされてますよね。
このマーク、他のハリマヤシューズでは見たことがありません。
付いているのは「カナグリベガ」だけです。
このマークは一体なにを意味するのでしょう?
ずーっと「」のままでモヤモヤしてたんですけど、やっと解明する機会に恵まれました。


元ハリマヤ社員さんの証言

数か月前のこと。
元ハリマヤの社員さんであるCさんが、オリンピアサンワーズにやってこられました。

Cさんは、1990年頃にハリマヤが倒産するまで、バリバリの営業マンとして会社を支えておられた方です。
川見店主は、二代目店主としてオリンピアサンワーズを継いだ時(1986)から、ずいぶんとCさんにはお世話になったんだとか。

ハリマヤ倒産後も、Cさんと川見店主との交流はつづいていました。
Cさんは、集英社「スポルティーバ」のWebサイトで連載された「消えたハリマヤシューズを探して」(2017)にも、歴史の証言者としてご登場されてます。
この記事を書いたWebスポルティーバ編集長さんとCさんをつなげたのは、川見店主です↓

関東在住のCさんがオリンピアサンワーズを訪問するのは、ハリマヤの営業マン時代から、なんと三十年ぶりです。
Cさんには、日本全国のハリマヤファンから当店に届く、たくさんのメールやおたよりをご覧いただきました。
中でも、こちらのブログでご紹介している、新潟県十日町にあったハリマヤ工場の写真を見ると、

懐かしいなー。真ん中の人が工場長ですね。この地域は豪雪地帯でね、冬になると工場も周辺の道路も雪で埋まって、商品が出荷できなくなるんですよ。大変でしたよねー

と笑っておられました。
新潟県十日町にあったハリマヤ工場
(写真は山田努さんご提供)

さて、せっかくハリマヤの「生き字引」のような人が目の前におられる、この機会を逃すわけにはいきません。
あの「」について、Cさんに訊いてみました。

――:あのー、不思議に思っていることがあるのですが。

Cさん:はい、なんでしょう?

――:ハリマヤの「カナグリベガ」というマラソンシューズのベロ部に付いている、この「おにぎり」みたいなマーク。これは一体何なのでしょうか?

Cさん:あー、これは「クリ」ですよ。

――:クリ?……って、あの「」ですか?

Cさん:そうですよ。金栗さんの「」を表してるんですよ。

――:あーっそうでしたか!そっか、栗なんだ!金栗さんだから栗!くーっ!思いつきませんでした!(悔しくてバンバンと膝をたたく)じゃあ、おにぎりじゃないんですね!

Cさん栗が大きく大きく成長していくイメージをマークにしました。

『月刊陸上競技』1985年4月号に掲載された「カナグリノバ」の広告↓

――:言われてみると、そんな感じに見えてきました。でも、ハリマヤの他のシューズには、このマークは使用されてませんよね?

Cさんその時の思いつきで作ったから次の商品にはつづかなかったんですよ(笑)。

――:「思いつき」で。なんというか、自由ですね(笑)。

Cさん:当時はわりとそんな感じだったんです。そーゆうことができた時代なんですよ(笑)。



つーわけで、「おにぎりじゃないよ、栗だよ!」なハリマヤ史上、最も貴重なマークが入ったマラソンシューズ「カナグリノバ」を見逃すな!
オリンピアサンワーズ秘蔵のハリマヤシューズ特別展示は、2020年1月13日まで
熊本県和水町金栗四三ミュージアムにてご覧いただけまーす!

金栗四三ミュージアム公式サイト

これまでの熊本県に行こうキャンペーン↓
1回目熊本県へ行こうキャンペーン
2回目和水町へ行こうキャンペーン
3回目玉名市へ行こうキャンペーン
4回目「江崎グリコ×金栗四三」企画展に行こう!
5回目金栗四三ミュージアムに行こう!

【告知】パフォーマンスアップする人続出!クリオキャンペーンに参加してボディケアを実感しよう!



クリオで秋を走り抜こう!

多くのアスリートたちに愛用されているボディケア商品クリオ
オリンピアサンワーズでは10年以上前からクリオを活用し、これまでにもたくさんのお客様のパフォーマンスアップをお手伝いしてきました。

で、ご好評につき、なんだかんだで開催している「月1クリオ」。
クリオ販売の当店担当「たぶっちゃん」がオリンピアサンワーズの店頭にて、みなさまにクリオ商品を使ったボディケアのノウハウを教えてくれます。
おすすめの「クーリングミスト」最高!

マラソンシーズンを迎えるあなた、練習で筋肉が疲労しているあなた、コンディションを整えたいあなた、この機会にぜひともクリオを体感し、さらなるパフォーマンスアップを実現しましょう。

【実施日時】2019年09月21日(土)14時~19時
【お客様限定】:当店でこれまでシューズをフィッティングされたお客様のみ参加可能です。
【参加費】:無料。疲れたカラダひとつでご参加ください。
【要予約】:何時頃にご来店されるか、ご連絡くださいませ。
TEL:06-6765-0013
Email:sunwards@kansai.email.ne.jp
【講師紹介】:たぶっちゃん(Facebookあり)
たぶっちゃん
(クリオ販売)

たぶっちゃんより↓
みなさん、こんにちは!
クリオ販売の田渕です。
ただトレーニングをこなしていれば速くなる・強くなるというわけではありません。適切なボディケアを取り入れて、効率よくトレーニングすることが、パフォーマンスアップの近道です。
記録が伸びない・筋肉に痛みや不安要素があるなど、お悩みの方に「クリオ」がセルフケアの一つの選択肢となれば幸いです。
皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

【田渕幸佑 プロフィール】
・大阪府出身
・滋賀学園高校〜山梨学院大学〜クリオ
・中学は硬式野球で全国3位、そこから陸上を始め全国高校駅伝出場。
・大学2年時に、走るよりもマネジメントに興味を持ちマネージャーに転向。4年時は駅伝主務も務めた。
・現在はクリオ販売のスペシャリストとして多くのアスリートを担当、学校、チームでのケア講習も行う。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!


たぶっちゃんは、なんだかんだで当店ブログにも登場してまーす!

【ハリマヤ】川見店主と幻のハリマヤシューズがついに熊本に降臨!金栗四三ミュージアムに行こう!

熊本県和水町のパンフレットから

ハリマヤシューズが金栗四三ミュージアムに!

みなさん、こんにちは。

明日の9月8日はオリンピアサンワーズの創業記念日です。
おかげさまで、56年周年(たぶん)を迎えます。
ありがとーございまーす!
オリンピアサンワーズ創業日が「1963年9月8日」の理由

で、この創業記念日を祝うかのような、うれしい出来事をご報告します。
なんと、オリンピアサンワーズが所蔵する「幻のハリマヤシューズ」たちが、熊本県和水町(なごみまち)の「日本マラソンの父・金栗四三ミュージアム」にて特別展示されることになりました!

和水町のインスタでも紹介されてるよ↓




大河ドラマ「いだてん」和水町推進協議会さん(@kanakuri_shiso_753)がシェアした投稿 -


本日(9/7)付の熊本日日新聞にも記事が載ってまーす↓


川見店主、熊本に降臨す!

それに、会場に展示されてるのはハリマヤシューズだけじゃないんだよ!
川見店主の写真とコメントが載ってる大きなパネルも一緒に展示されてるんだよ!
こんなの。本文は熊本に足を運んでご覧あれ!↓
イメージ。本文はミュージアムで見てね!

和水町インスタにもちょっと写ってるよ!↓


つーわけで、金栗四三ミュージアムは、2020年1月13日まで開館予定。
オリンピアサンワーズの「幻のハリマヤシューズ」たちも、最後まで展示されてます。
NHK大河ドラマ「いだてん」もいよいよ終盤戦に突入しました。
熊本に行くなら、今のうちですよーー!

これまでの熊本県に行こうキャンペーン↓
1回目熊本県へ行こうキャンペーン
2回目和水町へ行こうキャンペーン
3回目玉名市へ行こうキャンペーン
4回目「江崎グリコ×金栗四三」企画展に行こう!

【マラソン】彼女は未知の世界へ走りだした~先天性内反足で足首の自由を失った女性がフルマラソンに挑戦した話(その3)



彼女は、京都の景色をほとんど覚えていないという。

「次の関門に間に合うように、そしてまた、その次の関門に間に合うように。それだけを思って、ひたすら足を前に運んでましたから」

先天性内反足で足首の自由を失った女性が、はじめてのフルマラソンに挑む。

第1話「彼女はもう一度走りたかった」
第2話「彼女は決意の一歩を踏み出した」
のつづきです。


未知の世界へ

2019年2月17日。
京都マラソン。

朝の太陽は、雲間から時折に顔を出したが、寒さをやわらげてはくれなかった。
気温0度。
号砲を待つ1万6千人の群衆。
その中に、彼女はいた。
空気は澄んでひんやりと冷たい。
吐く息は白かった。
彼女は小刻みに体を動かした。

歩き方を変え、なんとか走れるようになってわずか4か月間。
とうとう、フルマラソンのスタートラインに立ってしまった。
これから走る距離のことを考えると、もちろん、不安はある。
でも、ここまできたら、もう走るしかない、と彼女は思った。

足元を見つめる。
フラッシュイエローのランニングシューズ。
この4か月間をともに歩き、走ってきた相棒。
お願い、今日も一緒にがんばってね、とシューズに声をかけた。

午前9時。
レースがスタートした。
前方から徐々に人々の波が動きはじめる。
やがて、そのうねりが目の前に迫ってきた。
彼女は、ついに一歩目を踏み出した。
その瞬間。
確かに聞いた。
自分の中で、何かが切り替わる音。
鳥肌が立ち、胸が高鳴った。
未知の世界へと、彼女は走りだした。


彼女の背中を押したもの

足裏の感覚。
土踏まずを支えるオーダーメイドインソールが心地よい。
足元の安定感。
シューズが勝手に、体を前へ前へと運んでいく。
周囲の雰囲気にも押され、おのずとペースも上がっていく。

しばらくして坂をのぼりきると、ふいに視界が開けた。
眼下に広がる光景。
無数のランナーたちで埋め尽くされた道が、はるか先まで、うねうねと揺れている。
うわぁと声をあげそうになる。
こんなにたくさんの人が走ってるんだ!
圧倒されて、我にかえった。
時計を確認する。
最初の5km、想定より3分も速かった。
あとまだ37kmもある。
ゆっくり、ゆっくり、と自分に言い聞かせ、ペースを落とした。

一歩一歩、前に進む。
流れゆく古都の景色。
彼女には見ている余裕などなかった。
けど、沿道の人たちの声は、しっかりと耳に届いた。
「がんばって!」
「もっとしっかり腕をふって走れ!」
どんな言葉も、背中を押してくれた。

練習で経験した距離は25kmまで。
それ以上の距離を走った時、自分の体がどうなるのか想像もできない。
大会の制限時間は6時間。
もちろん、完走したかった。
とにかく、42.195kmの間に設置された8カ所の関門、そのひとつひとつを時間内にクリアしていくことを目指した。


ぐしゃぐしゃの顔で

走りつづけた。歩きもした。
長いなー。遠いなー。
えーっ、あんなとこまで走って、また折り返してくるの!
ずーっと思っている。
フルマラソンが、こんなにもシンドイとは。
そして、こんなにも楽しいとは!
途中の給水をおこたらないようにした。
チョコレートやあめの甘さが沁みた。
それ以上に、ボランティアで大会を支える多くの人々の優しさが沁みた。

やっと25キロ地点にたどりついた。
前を行くランナーたちが、立ち止まったり、ツラそうに屈伸したりしはじめた。
その姿を見て、彼女は、自分の体には何ら痛みが生じていないことに気づいた。
でも、私もあんな風に屈伸した方がいいのかな?
彼女は立ち止まり、その場で膝を曲げてみた。
うわぁ、イタイ、イタイ!
心配していた腰や膝や足首の「関節」ではなく、全身の「筋肉」が悲鳴をあげているのを知った。
もう、屈伸なんかするもんか。二度と立ち止まるもんか。
ふたたび、走りはじめた。

30kmの関門では制限時間までに30分ほどの余裕があった。
この調子でいけば完走できる。
そう思うと、自然とペースがあがった。
自分の足に語りかける。
まだ大丈夫?無理させるけど、もうちょっと辛抱してね。

34、35、36……1キロ先、1キロ先を目指して、ひたすら足を前に運んだ。
37km、残り5kmとちょっと。
いつも練習で走ってきた公園の、2.5kmの周回コースを思い浮かべた。
あそこをあと2周するだけでいいんだ!

40km地点が見えた時はうれしかった。
目からあふれでるものがあった。
汗と合わさって、顔はぐしゃぐしゃになった。
残りの1kmは、とても遠く感じた。
ぐしゃぐしゃの顔を、さらにぐしゃぐしゃにしながら、フィニッシュラインを越えた。
5時間32分49秒。
彼女が未知の世界の征服に費やした記録。


彼女が報告したかった人

翌日。
彼女は、朝から普通に仕事に向かった。
全身が筋肉痛だった。
しかし、腰や膝や足首の関節には何の痛みもなかった。
職場に着くと、同僚たちが拍手で迎えてくれた。
「完走できたやん!すごいな!」
皆で祝福してくれた。
彼女のスマホも、家族や親族や友人からの驚きと喜びの言葉であふれた。

仕事帰り。
彼女の足は、ある場所に向かった。
どうしても、会って報告したい人がいる。
オリンピアサンワーズ。
店の扉を開ける。

川見店主は両手を広げて彼女を迎え入れた。
彼女は笑顔で歩み寄った。
川見店主は彼女を優しく抱きとめた。
彼女の顔を見つめて言った。

「よくがんばりましたね」

彼女はこたえた。

「ありがとうございます。無事に帰ってきました。私、完走しちゃいました」

「不可能を可能にしましたね」

「シューズを合わせてもらったおかげです。それと、うれしい報告が、もうひとつあります」

「どんなことですか?」

「私が歩いていても、もう冷たい視線を感じることがなくなりました。誰もすれ違いざまに振り返ったりしなくなりました」

「ほんとですか!すごい!歩き方から変わりましたもんね!努力しましたもんね!」

「でも、新しい悩みもできました」

「え?体をどこか痛めましたか?」

川見店主の問いに、彼女はいたずらっぽい笑顔で、こたえた。

「ちがうんです。私はこれまで、何かできないことを、時にはこの足のせいにしていたと思います。でも、私は走れた。不可能だと思っていたフルマラソンを完走できた。やればできる。だからもう、これからは足のことを何の言い訳にもできなくなりました」

川見店主は、すべてがうれしくて、何度も、何度も、彼女を抱きしめた。


彼女が証明した「真実」とは?

フルマラソンを走る前、彼女はこんな風に想像していたという。
もし、私が42.195kmを走り終えて、無事にフィニッシュしたら……

「大会スタッフの人たちが駆け寄ってきて、私の肩にタオルをかけてくれるのだろう。首には記念のメダルをかけてくれ、感動をともに分かち合ってくれるのだろう」

でも、実際は、ちがった。

「フィニッシュしてすぐに『はいタオル、はいメダル、はい飲み物』って、ポンポンポンと渡されました。両手はいっぱいになって、私は顔をぐしゃにぐしゃにしたまま立ち尽くしてました。完走してもわりとカンタンな扱いなんだなーって、なーんか拍子抜けしちゃいました(笑)」

彼女は、他の完走した一般ランナーのように「カンタンな扱い」を受けた。
つまり、沿道の人たちも、大会スタッフたちも、誰も気付かなかったのだ。
彼女の足のことを。
それくらい彼女は、普通に、そして奇跡的に、ランナーとして42.195kmを走り切ったのだ。

人は変わることができる――それが、彼女が証明した真実だ。
しかし、真実が真実でありつづけるためには、さらなる実証が求められる。
彼女は言う。

「これからも走りつづけたいと思っています。今度は、大阪や、神戸や、名古屋のフルマラソンにも挑戦したいです」

彼女は、ふたたび、未知の世界へと走りだす。
挑戦をつづける者にとってのみ、この世界はキラキラと新しい。
京都マラソン2019。Eさんの完走証、記念メダルとタオル、ゼッケン。

(おわりです)

【テレビ出演】フジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」に川見店主がちょっとだけ出演しまーす!


川見店主のテレビ登場を見逃すな!

あっつ。
大阪あっつ。日本中あっつ。

みなさん、こんにちは。
猛烈にあぢぢな夏をいかがお過ごしでしょうか?

さて、川見店主がテレビに登場します。
出演する番組は、フジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」。
8月5日(月)23時から放送予定。
番組HP↓

番組サイドから連絡があったのは、今から2か月ほど前。
なんでも「幻のシューズを探してる」って話で。
ほんで、1か月ほど前に店でロケーションが行われました。

オリンピアサンワーズにある「幻のシューズ」つったらハリマヤじゃないっすか。
だから、店内にはいっぱいハリマヤのシューズを並べて撮影の準備をしましたよ。

ずらっと並べたハリマヤのシューズたち↓
秘蔵のハリマヤシューズを並べる


ぜーんぶハリマヤ↓
すべて新品のハリマヤシューズたち


おしみなくハリマヤ↓
「カナグリベガⅠ\7,800」の値札は、1980年代に店で販売していた当時のもの。


テレビ嫌いでカメラ嫌いの川見店主も、カメラマンの要望を受けて、せっせとロケに協力。
数時間を費やして撮影は無事に終了。
これは放送が楽しみだぞ!
って思ってたら、先日、番組サイドから連絡ありました。
川見店主が登場するVTR、流れるのは、ななななんと、数秒だそうです。

おいおいおい、フジテレビさんよー。

ちなみに、最近お店に来てくれた高校生に
「今度、この店が石橋貴明さんのテレビに出るんだよー」
って言って宣伝したら、
イシバシタカアキって誰ですか?
と言われました。
なので、番組名の「たいむとんねる」は「とんねるず」とかけている、という知ったかぶりも高校生にわかるはずもなく、説明できずに終わりました。令和やね、時代は。

つーわけで、登場するのはわずか数秒!
眠い目をこすってると見逃すぞ!
真夏の夜の川見店主を目撃せよ!
もしくは、録画してさっさと寝よう!
川見店主が「たいむとんねる」に登場は、
2019年8月5日(月)23時からフジテレビ系チャンネルで放送です!
おたのしみにー!

伝説のシューズメーカー・ハリマヤの特設サイトも見逃すな!↓
 伝説のシューズメーカー・ハリマヤの特設サイト



【テレビ出演】「平成」最後の日に川見店主が「開運!なんでも鑑定団3時間スペシャル」に登場(するかも)!

へるっ♪
あにっさんばーでー、へるっ♪

みなさん、こんにちは!
明日の2019年4月30日(火)は「平成」最後の日となります。
そんな特別な一日をどんな風に過ごすべきか?
こんなのはどうでしょう。

①午後6時55分にはテレビの前に座る
②チャンネルをテレビ東京系列にする
③とりあえず茶を飲む

すると、はじまるのです。

「開運!なんでも鑑定団 平成最後のお宝鑑定3時間スペシャル!」が!

ばばーーん!


へるっ♪
あにっさんばーでー、へるっ♪
「なんでも鑑定団」のオープニングテーマ曲はビートルズの「HELP!」でへるっ♪

今回の3時間スぺシャルでは、「なんでも鑑定団」番組開始以来、25年間に登場した歴史的名品・珍品を、平成史と共に振り返るんだそうです。

さて、「なんでも鑑定団」といえば、オリンピアサンワーズの川見店主が「鑑定士」として出演しています。
川見鑑定士

これまでの川見「鑑定士」の登場は計4回。
鑑定したお宝はこんなの↓

・2012年12月「金栗四三のマラソンシューズ」
・2013年05月「ウサインボルトのサイン入りTシャツ」(潮田玲子さん所蔵)
・2017年04月「1964東京五輪日本選手団サイン入りスカーフ」(君原健二さん所蔵)」
・2017年12月「マイケルジョンソンのスパイクシューズ」(徳光和夫さん所蔵)

それぞれの「お宝鑑定」の結果は、番組ホームページでご覧になれます↓

明日の3時間スペシャルでは、2012年12月に川見店主が初出演し、「金栗四三のマラソンシューズ」を鑑定した時の過去映像が、あらためて紹介されるそうですよ。
これ↓
2012年12月、川見店主が鑑定した「金栗四三のマラソンシューズ」

あれから7年。
まさか金栗さんの生涯がNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺」になるなんて思ってもみませんでした。
それに合わせて、金栗さんの「マラソン足袋」をつくり続けた足袋職人・黒坂辛作さんと伝説のシューズメーカー「ハリマヤ」の歴史にも脚光が当たっているのは、うれしいかぎりです。

「ハリマヤ」のくわしくは、当店のホームページの特設サイトをご覧あれ!

つーわけで、
開運!なんでも鑑定団 平成最後のお宝鑑定3時間スペシャル!」は、明日4/30(火)午後6時55分から、テレビ東京系列チャンネルで放送予定。
川見店主の登場は何時頃になるのか、はたまたどれくらい映るのかはわかりませんが、とにもかくにもお楽しみにーーっ!