【中距離走】800mを1分51秒61で走る高校2年生ランナーが、全国インターハイ進出を決めた秘密のインソールとは?



彼こそが、りゅうきくんだ。


彼の姿を見たければ、陸上競技場に足を運べばよい。
そして、男子800mのレースを見ればいい。
400mトラックを2周するこの苛酷な競技で、ひとり、無謀に見えるほどに、スタートからぶっとばす選手がいることだろう。
それが、彼だ。
予選だろうが、決勝だろうが関係ない。
200mも走らぬうちに先頭に躍り出て、他の選手たちを引き離しにかかる。
果敢にレースを引っ張る、というよりも、自分以外には誰も走っていないかのように独走する。
後続の選手たちは、必死に彼の背中を追いながら、こんな風に思っているはずだ。

「こんなに速いペースにはついていけない!」
「だからアイツとは一緒に走りたくないんだ!」

彼は誰よりも速くフィニッシュラインを越える。
その度に新しい記録が生み出されていく。
彼のペースに疲労困憊させられた他の選手たちは、彼に遅れてやっとこさフィニッシュするも、そのままトラックにバタリと倒れ込み、しばらく立ち上がることができない。
レース後の彼の背後には、いつも、そんな死屍累々の光景が広がっている。
が、彼は気づかない。
彼は後ろを振り返らず、すでに軽い足取りでスタスタと歩きながら、スタンドで応援するチームメイトたちに向かって、涼しい顔で手を振っている。

彼こそが、りゅうきくんだ。


京都インターハイで大会新記録


このブログで一番読まれている記事は、昨年(2017)9月に書いた、高校生の中距離ランナー・りゅうきくんの話です。現在(2018/06/29)で3,200回以上読まれてます。

閲覧回数もぶっちぎり!りゅうきくん記事↓


で、今春に高校2年生になったりゅうきくん。
まずは、6月1~3日に行われた京都インターハイの男子800mで大爆走!近畿インターハイへ余裕の進出!
記録はこんなの↓

・予選 :1分55秒09 組1位
・準決勝:1分54秒05 組1位
・決勝 :1分51秒61 2位

決勝のタイム1分51秒61は自己ベスト、かつ大会新記録でした!
いよっ!



1位との差は、なんとわずか0.02秒!
手に汗握る白熱の決勝レースをご覧あれ!



このレース、1~3位までが大会新記録。
動画を最後まで見たらわかりますが、後からフィニッシュする4位以下の選手たちが、バッタバッタと倒れ込んでいくんですよ。りゅうきくんが作るレースのペースが、他の選手たちにとってどれだけキツイのかがよくわかります。

でも、当のご本人はというと、フィニッシュ後もスタスタと歩いて、迎える監督と握手してる余裕っぷり!
りゅうきくん半端ないって!
はじめっからめっちゃとばすもん!
そんなんで出来ひんやん普通!
そんなん出来る?
言っといてや、出来るんやったらぁ!


近畿インターハイの前日にフィッティングする新しいスパイクシューズと秘密のインソール


京都インターハイ突破から6日後。
りゅうきくんが、凱旋のご来店です。

川見店主:「りゅうきくん、近畿インターハイ進出おめでとう!大会新記録もすごい!」

りゅうきくん:「ありがとうございます」

川見店主:「予選も準決勝も、ダントツで1位だったよね。組2位までは次のレースに進めるんだから、決勝までは手を抜いて、もっとゆっくり走ればいいのに(笑)」

りゅうきくん:「自分ではそうしてるつもりなんですけど……(苦笑)」

川見店主:「あれで、ペースを加減してるんだ!」

りゅうきくん:「そうなんですけど、走れちゃうんです

川見店主:「りゅうきくんと一緒に走る選手はイヤだと思うよ。ついていくのに必死じゃん」

りゅうきくん:「でも、僕と同じ組で走ったら、みんな記録が上がるからいいじゃないですか」

川見店主:「言ってくれるね(笑)」

練習も試合も忙しいりゅうきくんは、なかなかお店に来る時間がとれません。だから今回は、トレーニング用のランニングシューズとインソールそれぞれ2足分を事前にご用意しておきました。装着したオーダーメイドインソールは、いずれも最上級インソールのゼロアムフィットでどん!
ハードな練習からりゅうきくんの足を守るために、トレーニング用ランニングシューズは2足ご用意。

りゅうきくんは、真新しいシューズに足を入れ、軽く店内を走ります。

川見店主:「履き心地はどう?」

りゅうきくん:「めっちゃいい感じです(さっさとシューズを脱ぐ)」

川見店主:「え、もう脱いじゃうの?もっと履き心地を確認してよ」

りゅうきくん:「大丈夫です。イヤなとこ見つからないです(ニコニコ)」

全国インターハイ進出に向けていかに戦うか?
川見店主、りゅうきくん、そしてりゅうきくんのお父さんも交えて戦略会議がはじまります。
その話し合いの中で、急遽、試合用のスパイクシューズとインソールを新調することに決定。
しかし、次にひかえる近畿インターハイの試合までわずか1週間。
スパイクシューズの取り寄せとインソール作成にかかる時間、それに、りゅうきくんが来店できる日程を考えると、なんと試合の前日にしかフィッティングできる日がありません。

川見店主:「新しいスパイクシューズとインソールで、ぶっつけ本番でレースに出ることになります。少し心配です」

お父さん:「一か八かで、やってみたいと思います。それでいいよな?」

りゅうきくん:「うん」


――6日後。
りゅきくんは、すでにはじまっている近畿インターハイの会場である、滋賀県の皇子山陸上競技場から、お父さんが車ですっとばしてのご来店。
さぁさぁ、時間がありません。
中距離試合用スパイクシューズを怒涛のフィッティング!
装着したオーダーメイドインソールは、最上級インソールのゼロアムフィットでどん!
試合前日にフィッティングしたりゅうきくんのスパイクシューズ

川見店主:「りゅうきくん、履き心地はどうですか?」

りゅうきくん:「あの、インソールのこの辺に違和感があります」

川見店主:「あ、そこはね、もっと走りがノッていけるように調整を入れて、わざとそういう風に作ってます。かなり攻めてるインソールにしてあるよ」

りゅうきくん:「ちょっと気になるかも……」

川見店主:「私が気合いを入れて作り過ぎたみたい(苦笑)。じゃあ、もう少し調整を加えて、インソールを優しくしてみます(なにやら加工を施す)。はい、これでどうかな?」

りゅうきくん:「あ、履き心地が変わりました。これで大丈夫だと思います」

近畿インターハイ男子800mのレースは、翌日に予選と準決勝、翌々日に決勝という日程。
でも、りゅうきくんに、試合前の緊迫感はありません。

川見店主:「いよいよ、明日からだね」

りゅうきくん:「はい。勝ちます」

川見店主:「予選から、あまりとばさないでね(笑)」

りゅうきくん:「わかりました(笑)」

川見店主:「なんか、私の方がドキドキしてくる(笑)」



近畿インターハイは通過点でしかない

こうして迎えた近畿インターハイ。
男子800mに出場したりゅうきくんの結果がこちら↓

・予選 :1分54秒57 組1位
・準決勝:1分52秒48 組1位
・決勝 :1分51秒74 3位

前日にフィッティングしたブルーのスパイクシューズで勝負!りゅうきくんの決勝のレースはこちら↓


壮絶!選手全員が死力を尽くしての800m!
しかし、フィニッシュ後のりゅうきくんは、バックスタンドに陣取る自校の応援団に手を振ってこたえる余裕っぷりです(笑)。
りゅうきくん半端ないって!(以下、繰り返し)

つーわけで、りゅうきくんは、見事に全国インターハイ進出でっす!
いよっつ!


決勝のレース後、りゅうきくんから川見店主に電話がありました。

川見店主:「全国インターハイ進出おめでとう!」

りゅうきくん:「ありがとうございます!スパイクシューズとインソール、最高でした。めちゃくちゃ走りやすかったです!」

川見店主:「それはよかったです!」

りゅうきくん:「でも、3位でした」

川見店主:「何位だっていいじゃない。6位だってよかったくらいですよ。キミにとって近畿インターハイは通過点でしかないもの。勝負は全国インターハイの決勝なんだから!」

りゅうきくん:「はい!ありがとうございます!」

この夏、彼の姿を見たければ、伊勢に行けばよい。
2018年の全国インターハイ陸上競技大会は、8/2~8/6の5日間、三重県スポーツの杜伊勢陸上競技場で開催!
りゅうきくんが出場する男子800mは、
・8/4(土)予選12時45分、準決勝17時20分
・8/5(日)決勝13時55分
に勝負の号砲が鳴り響きます!

りゅうきくんのご健闘を祈ります!大いに祈ります!
どうかみなさま、応援のほど何卒よろしくお願いいたしまーす!




次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント