【陸上競技】山縣亮太選手の10秒00。~第65回全日本実業団陸上選手権、男子100m決勝を見た話。

2017年9月24日。全日本実業団選手権。写真は男子110mH決勝。


彼の走りは空気を変えた

2017年9月24日(日)。
ヤンマースタジアム長居。
第65回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会、最終日。

メインスタンドの観客席は、午前中からすでに混んできた。
川見店主と陣取ったのは、フィニッシュライン前7列目のシート。
直線100mを理想的な角度で一望できる。

川見店主:「思ってたよりもお客さんが多いね。最近の陸上競技界は、注目されてるんだろうね」

場内には、どこかリラックスした空気が漂っている。
社会人の大会ならではの、余裕を感じる。
プログラムを見ると、「ちびっこ陸上教室」「豪華景品お楽しみ抽選会」「注目選手のサイン会」などのイベントが案内されていた。

川見店主:「観客が楽しめるように、いろんな趣向が凝らされているね。こういう大会が、陸上競技の裾野を広げる良い機会になればいいね」

しかし、競技がはじまると、さすがに勝負の緊張感があった。
一流選手たちの圧倒的なパフォーマンスと、その迫力に、観客は興奮し感動を覚えた。

中でも、場内の空気を劇的に変えたのは、Y選手だった。

13時10分。
男子100m準決勝に、Y選手は登場した。

川見店主:「Y選手は、全力で走れるのかな?」

川見店主は、彼の故障を心配していた。
何かのニュースで、不調を聞いていた。
しかし、この日の彼は、惚(ほ)れぼれするような走りを見せた。
スタートから一貫して、寸分の乱れもない完璧なフォームで100mを疾走した。
圧倒的なレース展開、1位でフィニッシュ。
記録は10秒20。
スタンドからは大きな拍手が送られた。

川見店主:「調子がよさそうでよかったね。あれだけのトップ選手たちの中でも、Y選手の速さは、次元がひとつ違うよね。すごいよね」

スタンドに設置された巨大なビジョンに、レースがプレイバックされる。
スローで映しだされたY選手の走りを見ながら、川見店主は、3か月前を思い出していた。


そこに、彼はいなかった

――3か月前。
川見店主は、この同じ場所で、Y選手が走るのを見ている。
2017年6月24日、日本選手権。
大激戦となった男子100m決勝のレース。
優勝したのはハーフの18歳だった。
2位は大学生スプリンターのホープ。
3位はジャマイカ生まれの24歳。
Y選手は6位と敗れ、ロンドン世界陸上への代表入りを逃した。

その時の話↓

それからの日本の短距離界は、話題に事欠かなかった。

8月のロンドン世界陸上では、ハーフの18歳が、男子100mで準決勝、男子200mで決勝にまで進出を果たし、世間を驚かせた。日本代表チームは、男子4×100mリレーで奇跡的にも銅メダルを獲り、日本中から喝采を浴びた。
そして、9月9日には、ついに男子100mで日本人初の「9秒台」が達成された。

時代は、大きく変わっていった。
しかし、そこに、彼は、いなかった――

川見店主:「この3か月を、Y選手は、どんな思いで過ごしていたのだろうね」


観衆は、彼の悔しさを知っていた

15時20分。
男子100m決勝のレースがはじまる。
軽快な音楽とともに場内アナウンスが流れた。

「マラソンゲートにご注目ください。男子100m決勝に出場する選手たちが入場します。まずは、○○選手の登場です!」

ゲートには白いスモークが吹き出す演出。煙の中からひとりづつ選手が登場、カメラの前でポーズを決めると、その姿はビジョンに大きく映し出され、会場を沸かせた。

7人目に登場したのはI選手。
8月のロンドン世界陸上で、銅メダルを獲ったリレーメンバーのひとり。
I選手は終始にこやかな表情で、カメラの前で少しおどける余裕をみせた。

8人目、一番最後にY選手は登場した。
彼は笑みを浮かべたが、表情は崩れなかった。

マラソンゲートは、トラックの第1~2コーナー間にあった。
100mスタート地点の第4コーナー付近まで、選手たちは、ひとりひとり、メインスタンド前のトラックを歩いて移動した。

Y選手が移動する間、観客席からは、彼に対する拍手がやまなかった。
観衆は、彼の悔しさを知っていた。
「やまがたー!」
名前がところどころで叫ばれた。
彼はその度に、声の聞こえる方に向かって軽く会釈し、右手を上げて静かにこたえた。

すべての選手がスタートラインに揃った。

「On Your Marks(オン・ユア・マークス)」

選手たちが、ゆっくりとスターティングブロックに腰を下ろす。
ひとり、Y選手の横顔だけが、ビジョンに大きく映し出された。
その表情には、観衆に口を閉ざさせる、張りつめたものがあった。
深い眼差(まなざし)は、一点を見つめている。
彼は、何かを決している――。

「9秒台」

そんな言葉が頭をよぎった瞬間、号砲が鳴り響いた。


彼のまなざしが見つめていたもの

Y選手はスタートから一歩出ていた。
そこからの加速は見事なものだった。
10m、20m、30mと彼が進むたびに、歓声が大きくふくれあがった。
「おおおおーー!」
誰もが、我を忘れて声をあげ、手を打ち鳴らしていた。
すべての歓声と拍手をトラックに巻き上げながら、彼は疾走した。
間違いなかった。
こんなに速い100mのレースを目の当たりにしたことがない。
流れるようにフィニッシュラインを越えた。
視界をかすめたタイマー表示に、一瞬、「9」の数字が3つ並んだ。
大歓声が起こったが、次の瞬間には、「1001」の数字が表示された。

場内は騒然とした。
「10秒01」はあくまでも速報タイムだ。
正式タイムを待った。
観衆は固唾をのんでビジョンを見守った。
なかなか表示されなかった。
判定をくだす審判員たちの、緊張と混乱が想像できた。
待たされた。
でるのか?でるのか?

正式タイムが表示された。
「10秒00」。
ふたたび大きな歓声と拍手が沸き起こった。
残念だった、という声は聞こえてこなかった。
誰もが圧倒され、ただただ感動していた。
彼を讃える拍手は、いつまでも、いつまでも、鳴りやまなかった。

川見店主:「特にラストの10mがすごい加速だったね。この『10秒00』は、9秒台と同じだけの価値があると思うなぁ」

この3か月の間、彼は、あの深い眼差しで100mの先を見つめていたのだろう。
そして、今、ありありと、目の前にとらえたに違いない――「9秒台」の顔を。

レース後、Y選手はこんな言葉を残した。

「僕にも、プライドがある」

Y選手の10秒00は、いよいよの「100m9秒台時代」を実感させる衝撃となった。
日本人で初めての9秒台スプリンターK選手は、Web上でこんな風につぶやいた。

「これから、抜いたり抜かれたりがはじまるのだろう」

3か月前まで、9秒台は「夢」だった。
今や「夢」は「現実」となり、「時代」になろうとしている。
今度こそ、そこに、彼はいた。
新しい時代の扉が、彼、山縣亮太選手によって、さらに開かれた。


(おわりです)


次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント