【中距離走】800mで大会新記録を樹立した高校1年生が、レースで先頭を走る理由とは?~中距離ランナーりゅうきくんの話(その2)



その1「800mを1分56秒で走る中学生が、たった3ヶ月で記録を6秒も更新した理由とは?」のつづきです)


なんと予選で大会新記録

2017年8月某日。
京都市西京極陸上競技場。
京都府高校ユース陸上競技大会。
男子1年800m予選のレース。

スタートラインに立つ彼には覚悟があった。

「思いっ切り走ってやろう」

彼の持つ自己ベスト記録は1分56秒91。
出場選手の中で群を抜いている。
予選を突破するのは明らかだった。
決勝に進むことを考えると、このレースは軽く「流して」体力を温存するのが得策なはずだ。
でも、彼はちがった。

「思いっ切り走ってやろう。そして、記録を狙ってやろう」

スタートから、ぶっとばした。
他の選手と接触するのもイヤだった。
第2コーナーを周り、オープンコースになった時には、すでに2位以下を10m程引き離していた。
スタンドで彼を応援する人たちは思った。
おいおい、まだ予選なのに、アイツなんであんなにとばしてるんだ?

その差は開く一方だった。
トラックを1周した時は30m、2周目のバックストレートでは50mほど離した。
彼はどこまでいくんだ!
場内は騒然としてきた。
スマホで撮影していたお母さんの手は震えた。

彼は、前だけを向いてひたすら走りつづけた。
圧倒的な走りを見せつけてフィニッシュした。
2位との差はなんと70m程も開いていた。
ざわついた場内にアナウンスが流れる。
1位、○○くんの記録1分56秒10は、大会新記録です――。
「おおーー!」
驚きの歓声と称賛の拍手が湧きおこった。

つづく決勝でも、彼はぶっとばした。
記録1分57秒52。
もちろん、優勝した。

*****

なぜ順位ではなく記録を狙ったのか?

本日のお客様は、高校1年生の中距離選手りゅうきくんです。

――りゅうきくん、こんにちは。

りゅうきくん:「こんにちは(ニコニコ)」

――まずは京都府高校ユース男子1年800m優勝!おめでとうございます!
いよっつ!


ほんで大会新記録も樹立!おめでとうございます!
二連発いよっつ!



りゅうきくん:「ありがとうございます(ニコニコ)」

――質問です。りゅうきくんの実力なら、予選のレースは流しても余裕で通過するのに、なぜ記録を狙いにいったのですか?決勝に進める順位に入るだけでもよかったでしょう?

りゅうきくん:疲れていない自分の力を全部ぶつけて走ったら、どれだけのタイムが出るか知りたかったんです

――でも、予選で本気を出したら、それはそれで疲れちゃって、決勝のレースに響くじゃないですか。そんな不安はなかったのですか?

りゅうきくん:「どれだけ疲れてても、決勝で優勝できると思ってました」

――かっくいー!お父さんとお母さんは、どんなお気持ちで観戦されてましたか?予選での大会新記録にはビックリされたんじゃないですか?

お母さん:「ドキドキして震えっぱなしでした」

お父さん:「予選から全力で走るか?っていうね。決勝の方がタイムが悪いっていうね。そんな選手は他にいませんでしたよ(笑)。」


駅伝シーズンに向けて

――りゅうきくんが、初めてオリンピアサンワーズに来てくれたのは昨年(2016)5月でした。それからたった3か月で800mの記録を6秒も更新、ついに全中(全日本中学校選手権)出場を果たした話は、前回のブログに書きました↓
で、今春からは陸上競技の強豪高校に進学。
高校生になってからは、どんな競技生活を送ってますか?

りゅうきくん:「実はほとんど長距離の練習をしています。中距離のための練習は、ほとんどしてません」

――へー、それで800mで大会新記録ですから、すごいですね。

りゅうきくん:「これからは、駅伝にむけて練習がはじまります」

つーわけで、中距離走でも長距離走でも期待されてるりゅうきくんのランニングシューズをフィッテイングする今日のアムフィット!
装着するオーダーメイド・インソールは、いずれも最上級インソールのゼロアムフィットです!

まずは、7月にフィッティングした2足がこちら↓
2017年7月。走りこみ用とスピードトレーニング用のランニングシューズをフィッティング。
彼はこのシューズたちを夏の合宿で履きつぶした。それほど練習はハードだった。

そして、今回フィッティングした2足がこちら↓
2017年9月。走りこみ用と、長距離の「省エネ」なランニングフォームを身につけるためのランニングシューズをフィッティング。

さぁさぁさぁ、履き心地はいかがでしょーかー!

りゅうきくん:「はい、いい感じです。ピッタリです」

この日は、「月1(つきいち)クリオDay」で、クリオ販売の「たぶっちゃん」も店に来てくれてました。
※たぶっちゃんはブログにもたびたび登場↓
全国インターハイのたぶっちゃん
大阪インターハイのたぶっちゃん

たぶっちゃんは、学生時代には関東の某強豪大学で箱根駅伝出場を目指す長距離選手でした。
川見店主とたぶっちゃんは、りゅうきくんの試合の動画を見て、彼のランニングフォームを分析。

川見店主:「彼はまだまだ上半身を使えるよね?」

たぶっちゃん:「そうですね。上半身と下半身がもっと連動すれば、もっと走れるでしょうね」

川見店主:腕ふりの練習が必要だよね。それと競歩の練習をした方がいいよね」

たぶっちゃん:「ちょっと、ここで競歩を練習してみましょうか」

店内は即席の「競歩教室」に。
たぶっちゃんのフォームを見本にして、一生懸命に店内を歩くりゅうきくん。
競歩の中には「走る」のエッセンスが凝縮されています。
だから、「歩く」だけなのにムズカシイ。
りゅうきくんは、時に右手と右脚が一緒に出たりしてしまう。

川見店主:「ぎこちない動きになるね。ランニングフォームに改善の余地はいっぱいあるね。ってことは、記録の伸びしろもたっぷりあるってことだよね」

この1週間後、彼は近畿高校ユースの大会をひかえてました。
今シーズンで最後のトラックレース。
出場するのは、もちろん800m。

川見店主:「予選から本気で走る必要はないからね」

りゅうきくん:「そうなんですけど、いつも記録を狙ってしまうんです」


*****

その涙に、悔しさに。

1週間後。
2017年9月15日。
滋賀県皇子山陸上競技場。
近畿高校ユース陸上競技大会。

・12時55分 男子1年800m予選
彼は、スタートからとばした。
終始先頭を走りつづけ、そのまま1位でフィニッシュ。
記録は1分57秒38。決勝進出。

・16時25分 男子1年800m決勝
彼は、やはりスタートからとばした。
先頭でレースを引っ張った。
トラックを1周、400mのラップタイムは55秒。
2周目のバックストレートで、後続の選手たちが距離を詰めてきた。
600mを過ぎた頃、彼に疲れがみえはじめた。
第4コーナーを周り、最後の直線に入る。
まだ彼は先頭を走っていた。
しかし、残り50mで、1人の選手に追いつかれた。
彼に力は残っていなかった。
この機を狙っていたかのように、さらに2人の選手が猛然とスパートをかけてきた。
追い抜かれた。
4位でフィニッシュ。
記録は1分56秒30。

彼は、表彰台に上がれなかった。
これまでにない悔しさを感じた。
頬(ほほ)を伝って流れるものがあった。

――という話を、後日、川見店主はお父さんから電話で聞いた。
川見店主は、これからが楽しみだと思った。
流した涙に、その悔しさに、彼の心の「伸びしろ」が見えた。


(おわりです)


【関連サイト】

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント